2011年08月10日

G-SHOCK G-5600 タフソーラー

G-SHOCK G-5600 タフソーラーです。

いわゆるDW-5600スピードモデルのタフソーラー版です。落札価格¥3300ですが、ベルトベゼルがあまりにもボロかったので新品交換。それも¥3300です。意外に金をつかってしまい、しくじったなぁと思うモデルです。幸いバッテリーの方はしっかり充電出来ているのでまぁ、良しとします。

ちなみに、このバッテリー通常の電池ではなく、2次蓄電池でCTL-1616番になります。通常、市場流通していない電池で、ヤフオクで¥1800前後で入手可能です。まぁ、そんなことよりもタフソーラーは電池交換不要をうたっておきながら、運が悪いと普通のリチウム電池よりも早くダメになることがあるようです。普通に考えて、充電池が入っているなら電池の寿命がきても当たり前ですが、電池交換不要をうたっているので、納得できない点ではあります。

RFNDRjQxMjHpVg.JPG

↓頑張れと思ったらクリックしてね♪
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by gshocker at 23:21| Comment(0) | G-SHOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

G-SHOCK DW6900 GLIDE 染色カスタム

G-SHOCK DW6900 GLIDE 染色カスタムです。

落札価格¥1000。
このモデル、実はもともと薄いスケルトンの水色でした。たまたま入札してたら、落札してたんですが、ものは試しだ、と思い、染色してみることにしました。普通に考えて、より濃い色にしたら、染まるはずだと思い濃いめのグリーンをチョイス。

結果は見事に成功!!

……しかし、染まってるのは、スケルトン部分だけだ!?

そうなのか、そうなんだ…。

染まるのはあくまでも透明部分だけなんだ。良い勉強になった。染色するなら、イルクジかWCCSのモデルでやらないとダメなんだ。

でも、これはこれで良い出来です。

RFNDRjQxMTHoVA.JPG

なんか、昔あった、スライムの色に似ています。

そう、何気に、G-SHOCKの背景を畳からグレーのファイルにしています。
だいぶましだ。

↓頑張れと思ったらクリックしてね♪
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by gshocker at 23:22| Comment(0) | G-SHOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

G-SHOCK DW-9100 ライズマン

G-SHOCK DW-9100 ライズマン はい、二つ目です。

こちらの落札価格は、電池切れジャンクで¥1000です。ベルトはかなり劣化していたので、外しています。代わりになにか付けようかと思ったのですが、ベゼルの形状が特殊なため通常のベルトでは隙間ができ、どうもしっくりこないので放置しています。

電池切れジャンク品を落札することが多いのですが、電池替えると大体動くんです。電池交換も精密ドライバーとピンセットがあれば簡単にできちゃいますのでかなりお得に手に入りますよ♪

DSCF4108.JPG

↓頑張れと思ったらクリックしてね♪
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by gshocker at 22:02| Comment(0) | G-SHOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

G-SHOCK DW-8600 染色 カスタム

今日はG-SHOCK第4弾です。
DW-8600  フィッシャーマン 染色カスタムになります。
本体の落札価格は¥3300です。

RFNDRjQwMzTsWA.JPG

染色方法

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by gshocker at 20:59| Comment(0) | G-SHOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

G-SHOCK AW-500NS 染色カスタム 方法

G-SHOCK AW-500NSを手に入れましたので、染色カスタムの方法を紹介します。

RFNDRjQyNDXwYQ.JPG
染色前↑

用意するもの
1.ベルト、ベゼル
2.ダイロンマルチカラー(染料、ホームセンターで購入)
3.カップ麺の容器
4.お湯
5.食塩
6.割り箸
7.カッター

RFNDRjQyNjf0Zw.JPG
まずカップ麺の容器に熱湯を入れておきます。
Bダイロンをカッターで切って蓋をあける。

Cダイロンをお湯に混ぜていく。このとき割り箸で混ぜながら、固まりが出来ないよう気を付ける。

D食塩を入れる。(結構適当な量で大丈夫。今回は小さじ2杯程度。適量は取り説読んでください)

Eしっかり撹拌させる。染料の固まりがあると、ムラになったり、固まることがあります。

Fさぁ、本体投入です。染料が飛び散らないよう注意!!ベルトの遊環はすぐに入れないでください。熱で溶けちゃいますから…。本体ベルトはOK。

G時折、取り出し染まり具合を確認。
Hわかりにくい場合は水で洗い流して確認。まだなら戻す。

Iちょうど良い色に染まったら取り出し水洗い。その後、余分な染料を落とすため、食器用洗剤で洗います。

染色後↓
RFNDRjQyNjn2aQ.JPG

残念なことに、今回、遊環の染色に失敗しましたΣ(°д°lll)ガーン
やはり、遊環は染色しないのが一番だなと気付きました…。

装着後↓
RFNDRjQyNzXzZw.JPG

文字の墨入れはしてないものの、かなり良い出来♪
でも、実はこのG-SHOCK電池交換したものの、全く動かず。゜(p´ロ`q)゜。
その内、使えるものを入手しなければと思う私でした。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by gshocker at 22:20| Comment(0) | G-SHOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。